• 0
PREORDER
HOW TO WASH

HOW TO WASH

リエディではサステナブルなモノづくりを推進し、
お洋服が好きな方々に広く知って
いただくための活動を行っていますが、
なんだか難しそうって感じられていませんか?

実は、身近な事としては、
お気に入りのアイテムを長く
ご使用いただくこともまたサステナブルです!

お気に入りアイテムがお洗濯でダメになってしまった。。。
こんなお洋服との悲しいお別れを防ぐために、
代表的なアイテムのお洗濯方法をいくつかご紹介します!
ぜひ参考にしてみてください。

ニット・セーター

  • お手入れ方法

STEP1 洗濯表記を確認する

お洗濯前に必ず洗濯表記をチェックしましょう。
その衣料に最適な洗い方がわかります。
洗濯マークの詳しい見方は下記をチェック!
〔 洗濯表示マークについて 〕

STEP2 汚れを外にしてたたむ

  • お手入れ方法

洗たくネットの大きさに合わせて入れるのがポイントです。
1枚につき、1枚、ぴったりおさまるものを洗濯ネットに入れます。 〔 洗濯表示マークについて 〕

STEP3-1 手洗いの場合:洗濯液を作る

作り方:水4Lにおしゃれ着荒い洗剤10ml)
※水温は必ず30℃以下に。温度が高いと縮みやすくなります。

STEP3-1 手洗いの場合:やさしく洗う

衣料をたたんで、やさしく「沈める」「浮かせる」を20~30回繰り返します。
(もんだりこすったりは厳禁です。)

STEP3-1 手洗いの場合:脱水する

たたんだまま、洗たく機で軽く脱水(15~30秒程度)します。

STEP3-2 洗濯機の場合

手洗いと同様に、汚れが気になる部分が表にくるようにたたみ
大きさに合った洗濯ネットにいれます。

洗濯機のドライモードまたは手洗いモードで洗濯します。

STEP3 型崩れしにくい干し方

ハンガー干し

洗濯後、厚みのあるハンガーにかけ、陰干しえおしましょう。
重さで伸びにくい軽めのセーターにおすすめの干し方です。

  • お手入れ方法

おばけ干し(さお干し)

さおや、ハンガーを2本使用し干します。
伸びないように、そでもかけましょう。

  • お手入れ方法

平干し

平干し台を使用し、平面で干します。
重みで伸びてしまいがちなニット類におすすめの干し方です。
平干し台が無い場合は、ピンチハンガーを代用しても◎

きれいめパンツ

  • お手入れ方法

STEP1 汚れを外にしてたたむ

  • お手入れ方法

ファスナーは閉じて裏返し、すそなど汚れの気になる面が外側にくるようにたたみます。
洗たくネットの大きさに合わせて入れるのがポイントです。
1枚につき、1枚、ぴったりおさまるものを洗濯ネットに入れます。

STEP2 ドライコースで洗う

STEP3 型崩れしにくい干し方

平干し

洗たくが終わったら、衣類をすぐに取り出し、振りさばきます。
軽くたたみ直し、手のひらでパンパンとたたいて全体のシワを伸ばします。
裏返し、形を整えてつり干しにしましょう。

  • お手入れ方法

センタープレスがあるパンツはプレスが取れないように形を整え、 パンツ用ハンガーにかけて、陰干しがおすすめです。

  • お手入れ方法

裾までピンと張って整えましょう。

ストール・マフラー

  • お手入れ方法

STEP1 汚れを外にしてたたむ

  • お手入れ方法

洗濯ネットに入る大きさにたたみます。
フリンジがあるものは、絡まないように内側になるようにたたみます。
汚れがついてる部分は外側になるようにしましょう。

STEP2 押し洗いする

洗濯ネットに入る大きさにたたみます。
フリンジがあるものは、絡まないように内側になるようにたたみます。
汚れがついてる部分は外側になるようにしましょう。

STEP3 型崩れしにくい干し方

さお干し

洗濯が終わったら、さおにM字になるように干します。
風通りが良いように間隔を空けて干しましょう。

ハンガー干し

タオル巻いたハンガーに干すと跡がつきにくいのでおすすめ◎

平干し

ニットのマフラーやスヌードは伸びやすいので、
ニットの衣類と同じように平干ししましょう。

  • お手入れ方法 お手入れ方法